個人輸入で購入するAGA治療薬の費用は

個人輸入で購入するプロペシアの費用は

AGA治療薬「プロペシア」の価格は、販売するサイトや業者によって異なります。

公式サイトを中心に、キャンペーンを実施しているサイトが多く、輸入代行の業者よりは安く購入できるのです。

しかし、AGA治療薬を個人輸入で購入する場合、適切な英語の読解力が必要になります。
特に、輸送先に関しては注意して入力しなければなりません。

また、公式サイトを偽った不正なサイトもあるので、ブラウザのURLバーをしっかり確認し、正常な通信が行われているかどうかを確認しましょう。

さらに、大量に購入する場合、関税がかかってしまう可能性があります。

これらに考慮し、輸入代行業者とどちらが安いかを比較してみましょう。

サイトによっては、輸入代行業者のほうが安い場合があります。

個人輸入で購入するミノキシジルの費用は

プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの働きを抑える作用があります。ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長期を短くしてしまうため、AGAの原因になるのです。

病院で処方するAGA治療治療薬の費用は

病院で処方するプロペシアの費用は

AGA治療薬を病院で処方してもらう場合、費用の相場は6,000円から7,000円です。

扱われている薬は同じでも、病院に行くとプロペシアを処方するだけでなく、診察も行われるため、費用に違いがあります。

AGA治療は継続して行うため、積み重なると高額になります。診察内容や通院のしやすさなどを合わせて、自分に適している病院を利用しましょう。

また、2回目以降であれば、診察が不要であったり、遠隔診療で通院せずに薬だけ郵送してもらえたりするところもあるので便利です。

なお、ジェネリック医薬品の場合は費用が4,000円から6,000円と安くなるので、ジェネリック医薬品を希望しましょう。

有効成分は同じで、ジェネリック医薬品でも同様の治療効果が得られます。

病院で処方するミノキシジルの費用は

病院でAGAの治療を受けたら費用はいくら

病院で一般的な治療を受けた場合

男性特有の薄毛は、AGAと呼ばれています。AGA治療にはさまざまな治療法があります。

AGAは病院で受診できます。頭皮や髪の状態をチェックしてもらい、適した治療を受けられるのです。

病院で行われるAGA治療は、内服薬と外用薬です。

AGAと診断された場合、その治療薬の費用が気になるという方も多いのではないでしょうか?

内服薬では、1ヵ月分で5,000円から6,000円です。外用薬の場合では、月に15,000円から18,000円かかります。

両方を併用すると、治療期間を短縮させられることもあり、内服薬と外用薬の併用も選択肢のひとつです。

また、ジェネリック医薬品や市販品なども用意されているため、経済的な負担も軽減できます。

クリニックで専門の治療を受けた場合

プロペシアは、女性は使ってはいけない薬です。女性がプロペシアを使うと重大な副作用が起こります。

AGA治療にかかる費用の総額

薄毛改善の期間でかかる費用

AGA治療は、保険が適用されません。そのため、費用は高くつきます。

また、薄毛の改善期間にも個人差があり、費用が予測できないのです。

薄くなってきた髪を放置しても、自然治癒することはありません。

薄毛の自覚を持ったならば、早期に治療を開始したほうがよいでしょう。

費用は治療内容によって幅が広く、1か月で数千円から数万円です。

細かい費用は、治療内容が生活改善の指導だけか、投薬が含まれているかによって異なります。

AGA治療は、塗り薬や服用薬を用いた服薬治療と、自毛植毛という施術に分かれます。

自毛植毛は、最も高額な治療法です。およそ数十万円程度と言われています。

ただし、自毛植毛の場合は数か月でAGAを治せるのです。早く確実に効果を実感したい方には適しています。

年間にかかる治療費